料理の先生なのに、料理を教えたいのではない?!台灣に行ってきました

2016/02/29

感覚を拓く。

料理教室を始めた当初から
「私が伝えたいのは料理の作り方ではない!」とずっと思っていた私。

そもそも私は料理を「習った」とか「教えてもらった」ことがないんです。(上海では点心の学校に通ったので、それは教えてもらった、に入りますね。)

自分は料理を教えてもらったことないのに、なんで料理を教えてるんだ?!という自問を繰り返してました。

私の実家は料理屋です。母方の実家も鮨屋です。「料理はおすわるもんではない」っていう空気の中で育ったんです。
※おすわる、は、教わるの江戸弁

料理学校を出て店に入ってくる若い衆は「学校でなにおすわって来たんだい?」って常に言われてましたから、料理を習うなんて全く想像したこともありませんでした。

私は3人兄弟の末っ子で常にちびっこでしたので、いつでも家の中で一番足手まとい。調理場に入ってもせいぜいお椀拭きぐらいしかさせてもらえず、ましてや料理なんて一度もしたことありませんでした。

「あんたは何にも出来ないんだから、良く見ときなさい。」と良く親に言われてました。そして時々ちょこっとだけ手伝いをさせられました。


しかし不思議なことに私は「自分は料理が出来ない」と思っていなかった。結婚して自分が料理を作るようになったら、食べたいと思うものは大抵つくり方を知ってたし、なにをどう調理すればどんな味になるか?は食べれば大抵わかりました。

子供の頃、調理場でずっとお椀拭きしてたのも、一番出汁の香りを全身に浴びてたのも、たくさんの料理が並ぶお客さんのテーブルを遠くから見てたのも、すべて私が料理をするための「感覚」を育ててくれていたんです。

本やレシピとにらめっこしながら作るのではなく「感覚」で作る料理。

私がやりたいのはその「感覚」を拓く手助けだったんです。

〜続く〜


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
料理の先生なのに、料理を教えたいのではない?!台灣に行ってきました