Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

2012年05月

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

新しい革袋

聖書の中に「新しい葡萄酒は、新しい革袋に入れなくてはなりません」
という聖句があります。

今回、引っ越しするにあたり、易者の方にアドバイスをいただきました。

「引っ越し先には、引っ越し先の持つ『気』があります。
今までの生活のままを持ち込むのも決して悪いことではありませんが、
新しい場所に行くことで自分も変化するのだという気持ちでいるのも
良いのではないでしょうか?」。

もっともだなあ、と思いました。

今回、引っ越しをするにあたり、淋しさ、いらだち、懐かしい気持ち、
喪失感、馴染むまでの不安感・・・などなど、さまざまな感情が
交差しました。片づけも忙しかったけど、心の中も相当忙しい
感じでした(笑)。


やっと少し落ち着いてきて、なんだかものすごく時間がたくさん
経ったように感じられます。すごくたくさんのもの、こと、が自分の中で
変わったように思えるのです。


私たちは新しい革袋を求めていたのかもしれません。
そして、望ましいタイミングで、適切なことがおきてくれた。
新しい葡萄酒が器を求めて、いっぱいいっぱいになっていたの
かも。



**************************

引っ越しを機に、買い物が結構続いています。
気分一新、というのはやはり気持ち良いものだと思います。

ガスコンロは以前使っていたものを新しい家に移設したけど、
コンロのトッププレートなどは新しいものを買いました。


http://www.rinnai-style.jp/
部品を変えるだけで、リフレッシュできますよね


服を入れるものも、新しい家のクローゼットのサイズにあったものを。

この桐のパレットチェストは以前から使っていますが、
これはJohn Smedleyのニットを収納したいがために
探した収納。


キッチンのパントリー部分に合う収納も、購入。
そして、一部は使いやすい引き出しを作るべく、木工作業に挑戦の予定。

木工作業の指導をしてくれて、工房を使うことが出来る
すごくありがたい存在。


今回は1つの家→2か所の家なので、調理道具も基本的に
全て買い足しです。動線が定まるまで買えないものもあるので、
それはじっくり検討。


まだまだ完全に落ち着くまでには相当かかりそうだけど、
それ自体が楽しみなのです(^-^)

そして、何より、家自体の手入れもまだまだ先は長い。

私たちはやっぱり家をいじることが大好きなんだな~
って思います。

はやく皆さんに遊びに来ていただるように、頑張りまーす!












引っ越し、一段落。

3日に及んだ引っ越しが、一段落しました。
引っ越し作業に当たっては、本当にたくさんの方の力をお借りしました。

雨の中、そして、夏日の日差しの中、私たちの引っ越しのために
ご尽力いただいて、心から感謝です。

今回の引っ越しで思ったこと、いろいろありました。

一つ思ったのは、歳を重ねるにしたがって、「動く」ということに力が
いるようになってくるのだな、ということ。それが「ストレス」に感じる、
という風に言い換えても良いのかもしれません。

私自身の性格的には相当ぴょんぴょんと移動し、フットワーク
軽いと思うのですが、それでも、やはり今回の引っ越しは大変力が
いりました。

でも、同時に思ったのは、自分自身にたくさんの「何か」が
くっついてしまっているのかもしれないな、ということ。

持ち物の多さ、人間関係、家への思い入れ、これが
少しづつ堆積して、こうして「動く」ことを難しくしているのかとも
思いました。

そういう意味では「歳」は関係ありませんね。




夫と二人で初めて暮らしたメルボルンから、東京に戻るときの
引っ越し荷物は、ちょっと大きめの段ボール2つだけでした。

東京に戻ってからの仕事のあてもなかったし、住む場所も
決まってなかったし。文字通り”何も持ってない”感じでした。


いつの間にやら物が増えて。
一つ一つに思い入れがあって。

今は、それらの物や、思い入れを楽しもう!という思いで、
それらを幸せに愛でています。
そして、その生活を楽しんでいます。

でも最近感じるのは、物を持ち、それを大切に扱い、愛でるには
体力がいる、ということ。

自分の体力にあった物の数を常に維持すると
いうのは、とても大事なことに思います。

40歳の今、私の体力、気力は自分の人生のピークにあるのではないかと
感じています。これは一人ひとり感じ方が違うから、それぞれの人に
あったやり方があると思いますが。

そして、自分たちがこの人生を終えるときには、何も持たずに
すっきりと旅立ちたいな、って感じています。この先自分がどう
感じるのかはもちろん不確定ではあるけれど。


引っ越しの荷解き作業中たくさんの物に囲まれがら、
こんなことを思いました。

ついに引っ越しです

紆余曲折ありましたが、いよいよ、ついに、引っ越しをすることになりました。

今日は、パッキングをお手伝いに来ていただき、家の中がきれいさっぱり引っ越し準備万端となりました。

この家には思い入れがたくさんあります。

自分たちで漆喰を塗って、壁紙も貼って、キッチンカウンターの収納も作り、本棚も作り。

庭も、二人でデザインを考え、何も手入れをしなくても自然にきれいな状態が保てるようにいろいろ工夫しました。





段ボールが積まれた部屋を見ると、万感の思いがこみ上げてきます。
思いだけでなく、涙も。

途中上海にいた2年+αを除いた約7年間、この家での思い出は数限りなくあります。

たくさんの方に来ていただいて、愛していただいた家でした。
足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

みなさんのお蔭で、私たちはさまざまな経験をさせていただいて、楽しく幸せな時間を過ごさせていただきました。

1年に1度ペースで引っ越しをしてきた私たちにとって、この家は本当に特別でした。自分がこの場所にこれほどまでに思い入れがあることも、こうなってみて初めて感じることが出来ました。

感謝と共に、新しい場所、新しい自分への一歩を踏み出したいと思います。

新居―新宿区内と千葉の古民家―が落ち着きましたら、ぜひぜひ遊びに来てください。

*今までHealthy,Tasty&Wiseのクラスに来てくださっていた方々には
転居のご案内等を後日送らせていただきます。

ご挨拶が遅くなりまして申し訳ございませんが、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

バッチフラワーレメディ 2日間セミナー in 福岡



この度、友人の協力により、福岡にて2日間のセミナーを開催することになりました。

2日間にわたり、少人数でバッチフラワーの考え方から38種すべてのレメディの解説までをお話しさせていただきます。

私の作るべジランチとおいしいお菓子つき!

ご興味ある方はお気軽にお問合せください。


【2日間セミナー詳細】
≪日時≫ 5月8日(火)&9日(水)
     両日とも午前10時半~午後3時ごろまで

≪場所≫ 福岡市中央区、大濠公園至近 
    (ご参加決定した方に詳しく道順等お送りいたします)

≪開催人数≫ 最大5名まで(残席2)

≪セミナー参加費≫ 2日間で12,000円

≪セミナーの内容≫
1日目:(1)バッチフラワーレメディってなに?
     ・レメディはどうやって作られる?
     ・フラワーレメディを作ったバッチ博士の想い
    (2)レメディの使い方
       レスキューレメディの使い方
    (3)38種レメディの中の8種類ほどの説明&練習問題

2日目:(4)病気の真の原因について
       ~バッチ博士の著書をもとに考える~
    (5)30種のレメディの説明&練習問題
    (6)各自、自分へのレメディボトルを作る


*2日間のコースには

・レスキューレメディ10mlボトル(ブランデーベース)
・「汝自身を癒せ」の本1冊
・レメディ作成用遮光ボトル1本
・オリジナルテキスト
・両日とも、手作りのベジタリアンランチ&スウィーツ

の、すべてを含みます。

今回のセミナーは、通常行っております「初心者向けセミナー」と
「38種解説セミナー」の内容を全て2日間で網羅する形となっております。

LinkIcon詳しくはこちらをご覧くださいませ。


お問い合わせ・お申し込みはLinkIconこちらへご連絡ください!
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ