Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

2014年10月

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

6年ぶりの上海。

https://plus.google.com/107413366133321076247/stories/e192197b-6c74-3ab2-ad2f-d9cfc92da9c81493c0f78d9?authkey=CNfzm5Ch_5OkZg

(No Title)

https://plus.google.com/107413366133321076247/stories/3593af07-1ad7-36d8-aa11-7b0927db73ce1491a08148b?authkey=CJGb66nnp9uwDQ

10月15日 【東京 四ッ谷 お料理プライベートレッスン】

今日は、プライベートレッスンでした。

毎日フルタイムで働く忙しい生活でも、
気負わずに淡々と無理なく食事を作ることが出来るように。

最初の一歩から身につけたいというのがテーマ。

・ 昆布出汁のとりかた、
・ 野菜の茹で方、
・ 胡麻を炒って胡麻和えを作る、
などなど、本当に毎日の食事を支える基本的なことを丁寧にお伝えします。

プライベートレッスンでは、”自分の感覚で料理すること”を引き出していきます。
私はこういうのが好きなんです。

レシピを伝えることではなくて、その人の感覚を拓くこと。
それができたとき、料理の仕方が変わるんです、みなさん。
そうやって料理ができるようになっていく姿を見るの好き。

料理が出来るようになるには、五感を拓くこと。
そして、自分の感覚を表現する技術も大事。

その、感覚と技術を研ぎ澄ましていく応援をしたいと思います。

日常を支える、普通のごはん。

そこにこそ、その人の美学、価値観が滲み出ると思います。

IMG_20141015_234711

プライベートレッスンご希望の方はhealthytastyandwise@gmail.comまでご連絡ください。
(@を半角に変えてくださいね)

レッスンでは
●簡単に整理整頓ができる動線を考えたキッチンの作り方
●台所の実力を一気にアップできる保存食や調味料の作り方、使い方
●美味しいお料理(肉、魚、卵、アルコールを使わない)を自分の感覚で作るための導き
を、いたします。

自分の感覚を研ぎ澄まし、本やレシピなしに料理を作れるようになる
”創造力”と”想像力”を引き出すことを目標としています。

ぜひご一緒に新しいチャレンジをいたしましょう!


10月17日(金)バッチフラワー&お食事の会


【バッチフラワーミニセミナー&お食事の会】

10月17日(金)、東京四ッ谷の家にて、バッチフラワーミニセミナー&お食事の会を開催します。

長南町にていっぱい収穫してきた枝豆お出ししまーす!

★★★★★★★

日時: 10月17日 午前11時~
午後7時~

★★★★★★★

今回はフラワーレメディの1つ「ビーチ」のレメディをテーマにみなさんとお話をしたいと思っています。

バッチ博士によるとビーチのレメディは「自分の周りのすべてのものがもっと良く、もっと美しくなる必要があると感じる人のためのもの」とのこと。

批判的になったり、周りの人が許せなかったりという状況って考えると、とても身近なレメディだと思いませんか?

自分の中にあるそんな気持ちをありのままに受け止め、向き合ってみましょう。

美味しいごはんと、素敵な仲間とともに♪

お気軽にご参加くださいね。

negimisosomens

美しく暮らすードライフルーツを入れる

毎日の暮らしを、心地よくするために、

意識するとよいことって、たくさんありますね。

たとえば、ちょっとした食品を入れておく容器。

私は、考えた末に、必要な時はプラスチック製品を買いますが、

基本的にプラスチックのものは選びません。

↓の写真は、中国上海に住んでいた時に購入した「錫」製の

月餅を入れるための容器。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

錫の特性により、食品が傷みにくく、保存することができます。

私は、中国茶を飲むときにつまむ、お茶請けをいれるために利用しています。

ドライフルーツや、豆類、月餅をいれることもあります。

20141009_224920_Android

お客様が来た時にもこのまま出すことが出来ますし、

自分がちょっとお茶を飲むときにも、これを開けてつまむと、

なんだかちょっと幸せな気分を味わうことができます。

プラスチック容器では感じられない、満足感。

お気に入りの器を日常の中で楽しむこと。

おススメです。
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ