2016/08

2016/08/11

手仕事も、感覚も失う前にできること

子どもの日常生活スキルが低下しているとのニュースを読みました。

記事はこちら。


記事にはこんなことが書いてありました。


 家庭や学校現場で手足を使った遊びを行う機会を意識的に設ける必要がある。しかし今回の調査では、「子供が取り組まない」「教え方が分からない」などの理由から、62・2%の保護者が「意識して遊びを行っていない」と回答。教員側も26・3%が「あまり行っていない」。「具体的な指導の仕方が分からない」との理由が目立った。


例えば「結ぶ」という行為。
靴の紐を結んだり、風呂敷を結んだり、
髪ゴムを結んだり。

私の子どもの頃は普通に必要なスキルだった。

スリッポンの靴。
お弁当箱は巾着袋か、プラスチックバッグ。
髪ゴムだって、輪っかになってるのが普通になった。

いまは、結べなくても困らないのだから、身につくはずがない。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

古民家に住み始めた時、一番最初に必要だと思ったのが「はたき」だった。

今まで住んでいたマンションの部屋には長押(なげし)はない。埃がたまる場所がないのだから、はたきをかける必要はないのだ。












LIXILのページより

でも、古民家に住むと1日目から困ってしまう。掃除するにははたきが欲しくなる。

そして、はたきをかけだすと、頭を何かで覆いたくなる。あねさんかぶり、したくなる。

そうやって、なんともこの家にぴったりなスタイルにスルスルっと変身してしまう。

そして、モップじゃなくて、バケツに雑巾、となる。それが一番やりやすいから。

あねさんかぶりするには「結ぶ」ことが必要だし、雑巾がけは絞る。こうして
簡単に手仕事をする機会を手に入れることになる。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

記事の中に、
「教え方がわからない」
「具体的な指導の仕方がわからない」
とありましたが、

古民家に来て、お掃除を一緒にしてみたらいいよ。

逆をいえば、今の日常生活には、こんな基本的な作業すら必要なくなってしまっているのです。だから、できるわけない。だって大人だってやってないんですから。


✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎


田舎に住んでる、とか、古民家に暮らしてる、というと、

「子どもに体験させたい」とか、
「子どもには自然に親しませたい」

とかよく聞きます。

私はいつも、「子どもに、という前に、あなたがやると良いよ」と思っています。親が興味持たないこと、子どもにやらせてもそれはただの教養であり知識なだけで、知恵として身につきはしないんです。

それに、今の家とちがって、古民家は、
(というか、我が家はサッシを入れず、雨戸と障子という昔ながらのスタイルにこだわったので)風が強い日は埃っぽくなるし、雨が降る日はジメジメするし、

晴れた日はしまってある座布団干したくなるし、
雨の日は庭の水たまりの場所を確認して、水はけをチェックしたくなる。

そういう、何かを感じて、
何かをする、という当たり前のことが
できなくなっているんじゃないでしょうか?

ルンバは毎日決まって掃除してくれるかもしれないけど、
今日の天気や風を感知して、判断して掃除してくれるわけではない。

街の暮らし、あるいは表面的に便利な(呼吸をしていない)家に住むことは、こうした人の感覚をどんどん鈍らせていくのです。

そして、人の手仕事もどんどん衰えていくのです。

私も、いま気がついて良かった。

少しでも、「おばあちゃんの知恵」に近づきたい。生きていく力って、そういうことだと思います。


healthytastyandwise at 21:21|PermalinkComments(0)古民家暮らし | 自然との関わり

2016/08/09

風の草刈り

5月から月に1回のペースで、
高田造園の高田さんが教えてくださる

「大地の再生講座@田んぼの学校inいすみ市」
に参加しています。

毎回毎回、多くのことを学び、
我が家で実践するのが楽しみ〜と思って
いるものの、なかなか出来ていません。

できることから少しずつ、です。

今のところやっているのは、
鎌を片手に「風の草刈り」。

草刈りは、田舎では必須ですが、みんな草刈り機で根こそぎ(ぐらいの短さで)すっかり短くしてしまいますが「風の草刈り」というのは、風が吹いたときに草がゆらゆら揺れる部分だけを鎌で刈って行くのです。

大地の再生を長年実践していらっしゃる矢野智徳さんが提唱されている方法です。

冒頭で書いた高田造園の高田さんは、
矢野智徳さんに大いに影響を受け、
今はご自身が大地の再生についての講座をされています。

矢野さんのおっしゃることから私が理解したのは、

風の草刈りは、風が吹いたときにゆらゆら揺れる部分だけを鎌で刈って行く。
短くしてしまうと植物は負けじと頑張ってまた長く伸びようとする。

でも、風の草刈りをすると、太い根が細い根に分岐していき、地面が柔らかくなる。細い根は水を吸い上げる力が弱くなるため、草の勢いを減ずることができ、草刈りも楽になる。

という感じ。


5月からの講座の中で、これを実践していますが、風の草刈りをしたところは植物の色が柔らかくなり、丈も短くなると同時に生えている植物の多様性が出てきています。

高田さん曰く、

草刈りは草を生やすためにやる。

そうかぁ〜、みんなみんな生きてるんだもんなぁ〜。草も仲間だ!と実感。


ということで、いままでの風の草刈りは、手に鎌を持って、歩くところをちょっとずつやってみていました。

そして、今日、夕方涼しくなってから、草刈り機を使っての風の草刈り、初挑戦。(信博さんは以前ちょっとやってましたけど、私ははじめて)

涼しくなってからといっても、やはり暑いけど…東京の夏と違って朝晩は涼しくなるのがありがたい。

1時間ぐらいやりましたかね。
風の草刈り。

写真を撮って、経過観察をしたいです。

















風の草刈り後。
あんまり、草刈りしたとは思えないかも知れませんが…(笑)



healthytastyandwise at 14:31|PermalinkComments(0)古民家暮らし | 自然との関わり

2016/08/02

エリンギと青シソのスパゲティ

今日のお昼は、

エリンギと青シソのスパゲティ

を作りました。


















写真は食べかけなんですが(笑)、
食べ始めてからあまりにも美味しくて、
記録しておこうと思いまして。


【材料】
エリンギ 2本
醤油漬けのニンニク 1/2個
醤油漬けのシソの葉 2枚
鷹の爪の輪切り 少々
オリーブオイル
スパゲティ

【手順】
①エリンギを縦半分の長さに切った後、手で裂く。手で裂くと食感がいいのと、味が馴染みやすいです。フライパンに入れます。

②醤油漬けのニンニクをみじん切りしてフライパンに入れます。醤油漬けのシソも千切りかみじん切りして、シソはフライパンには入れず小さな皿にとっておきます。

③フライパンに大さじ1のオリーブオイルをいれて、エリンギとニンニク、オイルを馴染ませてから火をつけます。エリンギがしんなりしてきたら鷹の爪少々を入れて少し炒めたら火を止めます。

④鍋に湯を沸かしスパゲティを茹でます。

⑤スパゲティが茹であがる直前にフライパンに再び火をつけて、切っておいたシソをいれてちょっと炒め、続いて茹で上がったスパゲティをフライパンに移し全体に軽く混ぜたら完成です。

※※※※

ニンニクの醤油漬け、
青シソの醤油漬け、
があるとあっという間に
美味しいパスタランチが楽しめます。


スローフードは究極のファストフード。

でも、

醤油漬けがないよ〜

という場合はおろしニンニクと、シソの千切りを
その場で2-3分醤油につけて使いましょう。

醤油漬けと全く同じにはならないけれど、
それでもなかなか美味しく出来るはず。

エリンギを手で裂いた時の食感は
なんとも言えないコリコリとした感じ。


簡単で美味しいので、
ぜひ試してみてくださいね!


healthytastyandwise at 13:20|PermalinkComments(0)「食」にまつわること | レシピ

2016/08/01

都会と田舎、自分の中のバランス

東京から田舎に移住した私にとって、
とても興味深い記事に出会いました。

【記事はこちら
http://blog.world-u.com/tokyo



私は東京のど真ん中で生まれ育ちました。
緑豊かな田舎を体験したことは
ほとんどありませんでした。


世界中から集まる人やモノと触れ合える大都会は
自分の故郷だし、それを否定する気はありません。


今でも、東京の素敵な場所を訪れるのは好きです。


長南町の古民家に出会って約4年間、
平日は東京、夏の暑いときと週末は古民家で
過ごしていましたが、昨年末に完全に移住しました。



東京から完全に移住することを決めたのは、
この4年間で「東京にいるときの自分と」
「田舎にいるときの自分」が様々な点で
異なることを実感したからです。



例えばこんなことです。


東京にいるとき:
・なぜか不安感が増す
 
・頑張らないと!という気分になる。
 おいて行かれる、という気になるのかな
 
・食事がシンプルだと物足りなくて、
 甘いものや油脂の多いものを欲する
 
・オーガニックとか、無農薬とかこだわりたくなる
 
・外に出かけて家に戻ると体力が消耗していてぐったりする
 
・夏の暑さが耐えきれない
 オーブンの中に入ってるようで、
 コンクリートから逃げたくなる。
 
・楽しさ=興奮をもたらすものや高揚感を
 得られるものが多く、それも一時的なもの
 だとわかってるので常に虚しさのほうが
 リアル
 
・人と会う、話す、交わる時には常にお金の
 やり取りが発生する。逆に、お金のやり取りがないと
 会話をする機会も限定される 



田舎の古民家にいるとき:
・何かをやらなくては!と思っても、
 「まあいいか」とのんびりしてしまう

・緑を見て、鳥の声を聴いてると無理するきになれない 

・空間の余裕があるし、時間の流れがゆっくり。

・人が少ないのに、気持ち良い人とたくさん出会える。

・出会った人とゆっくり話ができる。イライラしている人が少ない。

・夏が涼しい。朝晩が気持ち良い

・シンプルな食事で満足できてしまう

・獲れたての野菜が安価に手に入るので、
 あまりオーガニックとか気にしなくなる

・常に向上心、とか、ポジティブ、とかしなくても、
 等身大の自分で良いと感じる。
 人より頭角を現さなくては、と
 やっきになる必要がない。
 
・今の自分でも(もともとみんな個性が違うのだから)
 自分なりに周りに寄与できるという気になれる。

・子どもたちが素直で、かわいい。
(東京だと自分がストレスいっぱいだから、
 子どもをかわいいと思えないのかも?というのと、
 やはり東京ではお母さんたちもイライラしてるから、
 子どもたちの落ち着きがない)
 
・田舎暮らしはスローライフじゃない。
 朝から晩までやることいっぱい。
 でも楽しい。

・季節を常に感じる。七十二候の通り、5日で季節が変わる
 というのを実感できる。

とてもランダムですが、こんな風に感じていました。
 



頑張って仕事をして、
頑張ってお金稼いで、
そのためにたくさん勉強して、
そのために自分の時間を削って頑張って、
安心で安全な暮らしのために、
将来の成功のために、
一生懸命努力する。



これが当たり前だと感じて(意識はしてなくても
肌でその空気を察して)私は生きていたんだと思う。・

でも、自然豊かな場所にいると、
水があって、食べ物はそのへんでたくさん育ってて、
虫も、鳥も、ほかの動物も人間と同じように生きてて、
時間はゆっくり流れて、
人と話すのもとても楽しい。


東京で生まれ育った私がいうのもなんですが、
ちょっと東京から離れてみると、

なんで頑張らないと、向上しないと、
って思ってたのか???

わからなくなります。


頑張ることも、努力することも、
向上することも必要なことですが、
今の都会の生活はあまりにもそればっかりで、
外から見てると異様です。

心を締め付けてまで、つらい思いをしてまで、
病んでしまうまで自分を追い込む。

そのまえに、自分がこうなっているのは
何かおかしいのでは?って一呼吸つける
ほうが良いと思うのです。

何事もバランスだから、
都心の良さと、田舎の良さも、
両方味わって、楽しめるといい。

私は前半生都会で生きたから、
これからしばらくは田舎をエンジョイします。

それが自分にとって心地よいから。

生活を変えることは勇気がいるというけれど、
心地よさを実感してしまうと、行動したく
なると思う。

都会からちょっとエスケープして、
田舎の暮らしも味わってみると、
自分の中で不足していたエレメントが
満たされるかもしれません。

そして、
調和がとれるかもしれません。