Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

「住」にまつわること

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

枝豆とパルメザンチーズのディップ

長南町の美味しいもの、枝豆。


10月中旬に収穫期を迎える枝豆は、
最初「枝豆って夏のものなんじゃなかったっけ?」
と思っていましたが、


枝豆にもいろいろ品種があって、
収穫時期も異なるものなのだと
こちらに来て初めて知りました。


毎年、自分たちで収穫してきた枝豆を
すぐに竈で茹でて、真空パックで1年分
冷凍保存します。


1年間、茹でたての枝豆の味が楽しめます。


枝豆を贅沢に使って、さらに24か月熟成の
パルメザンチーズとあわせてディップを作りました。

edamame1



これ、パンに塗って食べるのはもちろん、
パスタのゆで汁で少し溶いてスパゲティー
で食べてもおいしいんです。


edamame5


ラビオリの中身として食べても💖




枝豆の甘みと香り、そしてパルメザンの深いコク
と絶妙な塩気がマッチして、とっても美味しいです!


通販サイトで残り数本。
ぜひお試しください!


2017年11月11日 民家フォーラム@川越に参加します

11月11日(土)は川越で行われる民家協会の
「民家フォーラム@川越」に私たち2人、
パネリストとして参加します。

「我慢と根性のいらない古民家暮らし」と題して、
地方移住や古民家での暮らしについて
女性の立場からお話しさせていただきます。

http://www.minka.or.jp/news/2017/11/1111202017-65d9.html

古民家暮らし、田舎暮らしというと、とかく
◎「DIYで何でもやれないと暮らしていけない」とか、
◎「寒くて、暗い家をに耐えなくてはいけない」とか、
◎「不便をものともしない強い精神力」
が必須のように言われます。

もちろん、
◎自力で家の整備が出来るほうが便利だし、
◎一軒家は(古民家は特に)寒いし、
◎都会のマンションより手がかかる
ことはたくさんあります。

でも、田舎暮らしでは、
◎都会にはない温かで心の余裕のある
ご近所さんが困ったときには温かく
助けの手を差し伸べてくださるし、

◎都会では難しい薪ストーブのある暮らしが
楽しめるし(しかも、庭仕事の仕事してる人や
大工さんと知り合いだと燃料費かからない)

◎手をかけて暮らすことの豊かさを楽しみながら、
不便なところは現代的な技術で解決できたりします。

都会でも、田舎でも、どんな場所に住んでいても
「今を幸せと感じられる感性」や、
「周りの方と調和して暮らすコミュニケーション能力」
が大事なことは共通だと思います。

そんなリアルな”幸せな”田舎暮らしについて、
直接お伝えできる貴重な機会と思いますので、
当日会場でおあいできたらうれしいです。


民家好きな方、有益な情報をたくさん仕入れる
ことが出来ると思いますので、ぜひいらして
くださいませ!

***********

2017年夏に撮影していただいた、
芳泉茶寮(ほうせんさりょう)の様子


IMG_6163


IMG_5993


IMG_6600


IMG_6909


IMG_6938

11月18日(土)ライブ&ランチビュッフェのご案内

11月18日に芳泉茶寮にて 川岸 宏吉 (Hiroyoshi Kawagishi)さん
のライブがあります!


23316666_1362320680556715_7723969456581045472_n


詳細はこちら
川岸宏吉ライブ@芳泉茶寮

川岸ひろさんとの出会いは、古民家暮らしという
共通点がきっかけ。 


ひろさんが初めて芳泉茶寮に来てくださったとき、
この空間をとても気に入って下さり、
古民家への思い、自然と共に暮らす日々、
美味しいものが大好き、などなどとても
共通点が多く、初めてお会いしたとは思えない
感じがしました。

そして、その時初めて「コラ」という
民族楽器を演奏してくださるのを聞きました。



アフリカの民族楽器というイメージから
連想していた音楽とは全く違う、ハープの
ようなその音色と、ひろさんの歌声、そして
その歌詞の素晴らしさが創り出す空間は慈愛に
満ちていて、決して押しつけがましくない包み込む
ようなやさしさがありました。

美味しいランチと、心が穏やかになる音楽、
そして一杯のコーヒー。

ぜひ素敵な昼下がりをすごしに芳泉茶寮に
いらしてください。


ランチは
◎長南町の美味しい蓮根を使った中華おこわ
◎あんかけ焼きそば
◎キノコのスープ
などを含むランチビュッフェを予定しています。
(要予約、15名様まで)



ライブのみ参加の場合はCharge 2,500円となります。

当日は大多喜の焙煎香房「抱(hug)」さんが
コーヒーを淹れに来てくださいます。
美味しいコーヒーと素敵な音楽をお楽しみください。


漆塗りのWASARA

漆塗りの紙皿。
信博さんの手仕事。


20638226_1816585271690456_3350092627349437948_n


20689515_1816590338356616_1642112666651970285_o

20643441_1816585718357078_4259179396605406835_o




漆かぶれになってしまう私は、
製作中はいつも見守るだけなのですが、
完成後はとても重宝に使っています。



小松菜マスタード


紙皿だけど漆を塗ると何度でも使えます。
私はもうすでに10年ぐらい使ってます。

料理教室でたくさんのリクエストをいただきつつも、
今までその声に応えられずにいましたが、
ようやく信博さんが趣味の漆塗りに時間を
使う余裕が出てきて、たくさん作ってくれました。

カタログ的に見ていただくための写真を
今日はたくさん撮りました。

今後、購入希望の方には注文いただき、
順次作成させていただくことにしたいと思います。

通販サイトに近日中にアップしようと思います。
アップしたらまたお知らせしますね!


7月30日はST FusionのJazz Fusionライブです!

7月30日に我が家古民家、芳泉茶寮で行うライブ。



image



たくさんの皆様からご予約いただいております

それに先立って行うスペインタパス・ティータイムは、
当初15名の予定でしたが、大幅に予定を上回る
30名のご予約をいただいております。


ノンアルコール&ベジタリアンの
タパス・ティータイム。



メニューがほぼ決まりました。

◎裕子特製ドレッシングたっぷりのグリーンサラダ
◎トマトwithトマトドレッシング!
◎ガスパチョ
◎アホブランコ(アーモンドの白いスープ)
◎きのこのハーブソテー
◎茄子のタルタル
◎コカ(スペインのピザ)
◎グリーンオリーブのコロッケ
◎夏野菜のグリル
◎白いんげん豆のトマト&ハーブ煮込み
◎松の実のコカ(デザート)
◎アロス・コン・レチェ(ライスプディング)
などなどを予定しています。

redbellpepper
スペインといえば!


spanishbeans
白いんげん豆のトマトとハーブ煮込み



gaspacho-s
ガスパチョ、最近料理クラスでやってないなあ。
またやろう!

今回、一緒に料理を作ってくれるのは、
チョコレートクラスでもおなじみの 
成瀬 佐智子 (Sachiko Naruse)さん。


さっちゃんは長い間スペイン料理の先生の
アシスタントを務めていたので、
このライブの企画が決まったとき、
いちばんに声をかけました。


さっちゃんと私で頑張ってお料理つくります。
皆様の心を満たせるといいな。


ライブもどんな風になるのか、
今からドキドキ、わくわく


東京からすべて機材を運び、ドラムは当日の朝、
彼らのお眼鏡にかなうレベルのものがレンタルで
運ばれてきます。


みなさん、楽しみにいらしてくださいね!
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ