補完療法 自然療法

2011/04/08

バッチフラワーレメディ ミニセミナー開催します

今回の震災は多くの人に不安や恐れそして悲しみや苦しみという
感情をもたらしました。

今でも、その思いが重く心に残り、様々な影響を感じている
方も少なくないと思います。


冷静な落ち着いた心を保っている時、人は穏やかで
調和がとれた状態でいることができます。

しかし、心にマイナスの感情が芽生える時、心穏やかで
いることはとたんに難しくなります。時にはそれがずっと
心に居座って、その感情に支配されるようなこともあるかも
しれません。


「感情」というものに注目し、全ての人に癒しをもたらしたいと
考えた人がいました。英国人医師であったバッチ博士です。

彼は誰にでも使える、シンプルな癒しのシステムを完成させること
に尽力し、そして「汝自身を癒せ」との言葉を遺し他界しました。

まず自分自身を癒す作業をする。そしてそれは同時に周りの人との
調和をもたらす助けとなるのです。


大きな悲しみを伴った今回の震災。私達は今、自分自身が苦しみや
悲しみから自由になり、まわりの人と調和をもって生きていく、という
ことを真剣に考え、行動する機会を与えてもらっていると思います。


この機会を決して無駄にせぬように、と思い、この度「バッチフラワー
レメディ ミニセミナー」を開催します。

今までのセミナーでは、38種のレメディーの説明を中心に
していました。

今回は、バッチフラワーレメディーの大事なコンセプトである
「セルフヘルプ」=自分自身で自分を癒す作業、について
丁寧にお話しし、理解していただくことを大切にしたセミナーに
したいと思っています。



日時:4月20日(水曜日)
   4月24日(日曜日)

   午前10時半から1時半まで
   (ランチご用意いたします)

費用:3,500円
  (1,500円相当のレスキューレメディ1本、遮光瓶1瓶(630円)、
   バッチ博士の著書「汝自身を癒せ」1,200円、そしてランチ♪
   を含みます)

内容:✾バッチフラワーレメディとは?
    -バッチ博士がレメディに込めたの想い-
   ✾フラワーレメディをどのように選ぶか&使い方
   ✾レスキューレメディの使い方と日常での活かし方



(The NutricentreのHPの写真より)




 バッチ博士が全ての人、一人ひとりの真の自由を願い完成
 させたフラワーレメディ。

 初めてフラワーレメディに触れる方にも、既にお使いの
 方にも有意義な時間になるようにと願っています。


お申し込みはメールにてお願いいたします。
Healthy,Tasty&Wise HP
バッチフラワーレメディについてはこちらもご参照ください。
*バッチホリスティック研究会HP

healthytastyandwise at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011/04/02

震災後のメンタルケアに「フラワーレメディ」

震災後、様々な形で心のバランス、体調を崩されている方が
多くいらっしゃいます。

被災地の方たちはもちろん、今回比較的無事であった
方達であっても、日ごろとは違うストレスがかかる中、
辛い思いをされている方も多いと存じます。

そんな時に、是非フラワーレメディを知っていただきたい、
使っていただきたいと思い、緊急企画をいたしました。

個別セッションをさせていただき、各々の方に必要な
レメディをお渡しいたします。詳細はこちらをご覧
いただければと思います。

バッチフラワーレメディ 個別セッション


ご希望の方にはレスキューレメディも実費にて
お渡しできます。

ご自身を大切にする一つの術として、多くの方に
知っていただけたらと思います。

healthytastyandwise at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011/03/18

レスキューレメディ

地震直後から、繰り返しレスキューレメディを摂っています。



(The NutricentreのHPの写真より)


イギリスの医師であったバッチ博士が、より安全で
自然で、誰もが使える癒しの形を・・・と願って
作ったのがフラワーレメディです。

1930年代にイギリスで使われ始め、心や感情の
バランスを取り戻すための自然療法として開発
され、現在も広く使われています。


レメディは38種類ありますが、その中の5つの
レメディをあらかじめミックスしたものが
「レスキューレメディ」という名前で用意されて
います。

「レスキューレメディ」という名前の通り、不意の
ストレスがかかった時、ショックなことがおきた時、
心身に負荷がかかった時に使うことができるレメディ
です。

誰にでも使え、習慣性や副作用はいっさいありません。


バッチフラワーレメディに出会って以来12年間、
絶えず傍らに置き、”レスキュー”してもらって
きました(笑)。


しかし、今回ほどこのレメディの重要性を思い知った
ことはありませんでした。


多くの人が、地震のショックや余震の恐怖、またそれに
まつわるストレスで心のバランスを崩し、身体にも影響
していることが耳に入ってきています。


こういうものがある、ということを多くの方に知って
いただきたいです。

落ち着いたらレスキューレメディについて広く知って
いただけるよう、セミナーを企画したいと思っています。

そして、少しでも早く、一人でも多くの方が恐怖や
不安、緊張から解き放たれるように、と思っています。


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

「レスキューレメディ」にはこんな商品があります。




お菓子のグミです。


お子さんにも気軽にとっていただけます。


今手元にいくつかあるので、もし興味がある方は
是非連絡ください。グミを数個づつ小分けしてお試し
いただけるようにしてお送りしたいと思います。


今、変わらぬ暮らしが出来ている私達は、心のバランス
を崩さぬように、日常の暮らしをきちんと守ることが
とても大事だと思います。

心も身体も元気でいてこそ、必要な時に人の助けに
なることが出来る。

自分自身をケアするのは自分自身の大事な仕事です。

healthytastyandwise at 08:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010/03/04

バッチフラワーレメディ 個別セッション開始のご案内

昨年9月に、バッチフラワーレメディのプラクティショナーとしての国際登録を終えました。

バッチフラワーレメディに出会って早いものでもう10年。
私自身、様々な場面で助けられてきました。


健康=身体の健康、というところから入った興味。
食べ物が大事、体の手入れが大事、というところから、
やがて心の大切さに導かれて行きました。

もちろん、食べるものも、フィジカルな身体を手入れするのもとっても大事です。
私自身、ストレッチに通ったり、食べ物にも気をつけたり、体を冷やさないように心がけたり、ととても大事に思っています。

それと同じように大事なのが精神、魂。
Body,Mind&Spiritと言われる、バランスです。

身体はこの世で自分が持って生まれた使命を果たすための乗り物。
だからとても大事。
ただ、この乗り物を何のために、どんな意味を持って使うのか。
私はやはりこちらの「意味」ということに今関心が向いています。

全て切り離せないものなので、どれか一つだけ重きを置くと途端にバランスが崩れると思うのですが、体の手入れはいろいろな方法が広まっているけれど、心の手入れの方法って誰も教えてくれないのではないでしょうか?

今、世の中はこちらの方向に向いてきているような気がします。

バッチフラワーレメディは自分自身を見つめ、今のありのままの自分と向き合うことが求められます。「こんな人になりたい」とか「こうあるべき」とかじゃなくて、今の自分。私はそれがとても好きです。


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾


今月からバッチフラワーの個別セッションの受付を開始致しました。


私が今まで興味を持って学び、経験してきた全てを活用して、
バッチフラワーのセッションをやっていきたいと思っています。


ご興味おありの方はHPご覧くださいませ。
よろしくお願いいたします♪

Healthy,Tasty&Wise バッチフラワー個別セッションのお知らせ

healthytastyandwise at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009/12/10

蕁麻疹

久しぶりに蕁麻疹がでました。

合唱の演奏会で結構疲れたので、
今週は家でヨガをしたり、散歩に行ったり、
比較的のんびり過ごしています。

昨日、本当に久しぶりにマッサージに行きました。
アーユルベーダのトリートメントやアロマセラピーには
行きますが、いわゆるマッサージ、というのは本当に久しぶり。

そして、同時に昨日はエネルギーの調整をしてもらいました。

そしたら、夕方からいきなり腰や腹部がかゆくなって。
夜には体中に蕁麻疹が出ました。

以前会社員をやっていた頃は、疲れがたまると蕁麻疹が
出ることがありました。肝臓の解毒能力が下がったりすると
代わりに皮膚から毒素を排出するのだ、と聞いていたので
ホメオパシーの肝臓サポートを飲んだり、花梨エキスや
生姜の煮たものをを飲んだり。

今日はかゆみは落ち着きました。

痒い~、と身体を掻きながら、
「こうやって悪いものを出してくれるなんて、ありがたいなあ~
私の体はこうして健康を保ってくれているんだなあ~」って
思っていました。


一生懸命隙を見ては身体を良い状態に保とうとしてくれること、
本当にありがたいです。
だから、身体の応援をしてあげたくなります。


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾


疲れた時、だるい時、身体が冷えたなあ~というときにお勧めなのは
こんにゃくを使った温湿布。

自然療法の本で有名な東城百合子先生の本に載っていて、
私はけっこうお気に入りで、毎週のようにこんにゃく
買ってます(笑)。




こちらのページに詳しく書いてありました。


アツアツに暖めたこんにゃくをタオルに包んで肝臓、腎臓、お臍のあたりを
暖め、脾臓の経絡を冷やす、というものです。
これは本当に効果てきめんで、やりながら寝ると熟睡でき、
翌朝の目覚めがとてもいいんです。

ただ、目覚めた時にベッドにタオルに包まれた
こんにゃくが「ゴロン」、となっているのは「どうなの・・?!」
って思いますけど・・・(笑)。

healthytastyandwise at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)