Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

旅行

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

明日からスリランカ紅茶会🎵

明日、6月30日はスリランカ紅茶会の第1回目。横浜青葉区での開催です!










紅茶のテイスティング。


連日料理クラス&古民家改修工事のお手伝い、その他諸々で走り回っていて、全く準備が間に合っていなくて、今日追い込みで資料を作りました。

なかなか良い感じでパワポの資料完成🎵

明日は美味しい紅茶と、
スコーンと、
スリランカのお話しで、
楽しい時間になりそう。

昔いちごのジャムも持参しまーす!

《スリランカを旅するように楽しむ、紅茶会🎵》

昨年12月から今年2月まで滞在したスリランカ。












ヌワラエリヤのお茶畑


一面に広がる茶畑、
茶摘みをする人たち、
茶葉の香りにむせぶような工場、
地元の人が日常に楽しむミルクティー。

そんな想い出を振り返りながら、
《旅するように楽しむスリランカ紅茶会》
を企画いたしました。

今回、講師をお願いしたのは、紅茶インストラクターとして長いキャリアをもつ友人、深尾容子さん。

容子さんに美味しい紅茶を淹れていただきつつスリランカ各地で購入してきたお茶を、旅の思い出話と共に楽しんでいただきたいと思っています。

キャンディ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、ウバ、のスリランカ紅茶に加え、今回特別に容子さんが、イギリス女王陛下ゆかりの特別な紅茶を淹れてくださいます。(エリザベス女王の90歳のバースデーのセレブレーションティー、限定ブレンドだそうです!何がブレンドされているかは当日のお楽しみ♪)

そして、私からはそのお茶と共に楽しんでいただくスコンを作り立てでお出しします。




















こんな盛りだくさんな企画、いいのかな?と思うほど。私自身が楽しみでなりません!

〈東京 目白・椎名町〉
〈横浜 青葉台〉
〈千葉 長南町〉
での計3回開催いたします。

お席に限りがありますので、参加ご希望の方はお早めにご連絡ください。

☕️開催日時と場所
●〈横浜 青葉台〉6月30日 午前11:00〜午後1時半 
●〈東京 目白・椎名町〉7月3日(日)午前11:00~午後1時半
●〈千葉 長南町 芳泉茶寮〉7月9日(土)午前11:30〜午後2時半

※横浜と東京の開催場所の詳細は、お申し込みいただきましたらお知らせいたします。

千葉長南町 芳泉茶寮へのアクセスはこちらをご参照ください。
http://healthytastyandwise.blog.jp/archives/1056382606.html


☕️参加費  4,500円

☕️お申し込み 
healthytastyandwise★gmail.com
★を@にかえて、

参加希望日:
参加人数:
名前:
を記載の上メールしてください。

ご一緒に素敵なお茶の時間を楽しみましょう!

ただいま、を言ってませんでした(^_^;)

12月20日に日本を発ちスリランカへ。
2月8日に無事帰国しました。

「ただいまー!」です。

帰国してから、いろいろと忙しくしていて、
まだご挨拶もしていませんでした。

おかげさまでスリランカで素晴らしい時間を過ごしてきました。

初めてのスリランカへの旅。

美味しくて止まらないスリランカの食事、
快適な気候、
心優しい人々、
素晴らしい景色。

是非是非また訪れたい国です。

そしてもちろん、スリランカ滞在のメインの目的だったヴィパッサナー瞑想の30日間コースも実り多き時間でした。

充実した時間をありがとう。











瞑想センターのキッチンにて。
美味しい食事を毎日ありがとう。

スリランカ滞在 7日目

2016年 12月26日
スリランカ滞在7日目

スリランカは仏教徒が多い国。他にイスラム教徒、キリスト教徒がいますが、70-80パーセントが仏教徒と聞きます。

でも、街にはクリスマスソング流れてたり、クリスマスツリー飾ってあったり。なのに、たくさんの人が仏教寺院にお参りしてるという、なんかどこか日本に共通するところがあります。

今日私達はキャンディから一路紅茶の有名な産地であるディンブラに来ました。

そしていま、またこれも有名な産地であるヌワラエリヤに宿泊しています。

涼しくてびっくり


昨日まで観光してた場所とは打って変わって寒いですーー。

瞑想明けの2月に再度ヌワラエリヤを訪れるつもりなのですが、この一面に広がる紅茶畑、すごいです。本当に。


世界の人々の飲む紅茶がここで作られているのですものね。

香りが格別に良いのが印象的。

茶木は結構年季入ってる印象で、太くずっしりしたものが多く、葉は、キャンディの茶畑のものに比べると比較的小さい感じ。

明日は、ヌワラエリヤとウバの境のあたりに行く予定です。

スリランカにて紅茶のプランテーションを成功させたスコットランド人のジェームス・テーラーにちなみ、スコットランド風の建物にちょっとした紅茶ミュージアム的なものが。


スリランカ滞在 6日目

2015年 12月25日 金曜日
スリランカ滞在6日目

今日はポロンナルワ見学。
10-12世紀にシンハラ王朝の首都があった場所。

7階建てだった王宮の2階部分までがレンガ+石灰、その上は木造だったそう。

使われている土台はグラナイト(花崗岩)、木材はチークや黒檀、紫檀など、強い木が使われていました。



7階建ての宮殿に始まり、3000人の比丘達が修行をした僧院、アラブやインドなどから集まった人達が皇居の入り口にワールドトレードセンター並みのアーケードを作って宝石やスパイスなどを取引した商店跡など、それはそれは感嘆するしかない素晴らしい栄華の跡を見てきました。


僧院跡地。ここに居住しながら毎日瞑想修行をしたそう。



仏教建築物はタミール人の侵略により焼き払われたりして壁画などは一部しか残っていませんが、天然の染料で描かれた繊細な人物画などが当時のままに見ることが出来ました。

全ての壁面が総天然色の壁画で彩られていたかと思うと本当にすごい!





それよりなにより、灌漑設備の素晴らしさが圧巻。貯水池と水路の整備はシンハラ王朝の王が民に残した最大の恩恵。

スリランカに来て以来、この国の「水」管理の素晴らしさがとても印象的なのですが、この緑の豊かさ、水の恵みを活かした生活は、本当に感動的です。

比丘達の沐浴所。貯水池から水路を通ってここに水が注がれ、排水は濾過されてから流されたそう。



今年、古民家の改修をするにあたって、いかに水との付き合い方が大事かを実感したばかりですが、人の知恵はこの水をはじめとする自然との調和にあるのだと、再度実感しています。

今日お願いしたガイドさん、瞑想つながりの方からの推薦で是非に!とお願いしたフリーランスのガイドさんですが、本当素晴らしかった。どんな質問にも答えてくださって、スリランカのことより深く理解することができました。

ポロンナルワにいらっしゃる方には紹介しますので、是非!!

今日はこの後、一路キャンディに戻り、一泊。

こらから、南方面の観光です。
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ