Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

【衣・食・住】 着るもの

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

インドから私のもとに。1枚の布。

今から22年前、インドから私のもとに届いた1枚のシルク布地。

wpid-dsc_0979.jpg

友人と二人で初めてインドへ1か月半の旅行に出かけた夫(当時の彼)
から、私のもとに届いたお土産のひとしな。

この布をめぐる話は、ロングストーリーになるのですが、、、


インドについたてまだ数日、
カルカッタに行った2人。

カルカッタはサリー用をはじめとする布地が特産の地
と知り、早速家族にお土産の品を購入。

もともとバックパッカー旅行だったので手持ちの現金はそんなに
なかったのに、ここで布を買ってしまったことで持ち金のほとんどを
使い果たした彼ら。

全く計画性なし。(笑)

残りの1か月以上を超貧乏状態で過ごしたため、行く先々で
インド人の、そして時にはインドのホームレスの人たちの温情をうけて
旅をつづけました。

日本から持っていったもののほとんどを、お礼にあげて来てしまって、
帰国時には現地の人と物々交換したロンジー(腰巻)とずだ袋一つ、そしてパスポート。
成田からの電車では、誰も近くに寄ってこなかったという・・・

ベジタリアンでもないのに、お肉や魚が一切入ってない食事しかとることも
できず、でも、最後の最後に空港に行くお金もなくて情けをかけてもらった
日本人の泊まっていたホテルのダイニングにご招待いただいた際も、2人は
入館拒否されたという。。。(>_<)

そんな、ストーリーが生み出されるきっかけとなったなった美しい布。

私はこの22年、きれいに畳んで桐ダンスの奥にひっそりとしまって
ありました。

光が当たると七色に光るようにみえるこの布をそろそろ身に着けても
よいかしら・・・と思い、友人に相談して仕立て屋さんを紹介して
いただきました。

あくまでもシンプルに。
でも、上品に。
いろいろ相談させていただき、できてきたのがこちらの仮縫い。

wpid-dsc_1130.jpg



wpid-dsc_1131.jpg


wpid-dsc_1129.jpg

ふわ~っ(^^♪
この姿を見た瞬間、なんだか、涙出そうにうれしかったです。

そして、着心地も素晴らしかった。

仮縫いを終えて、あと1か月弱で完成の予定。
出来上がりが本当に楽しみです。

Negroniのオーダーシューズ

かれこれ8年ぐらい前、デパートで面白いスニーカーを

見つけました。



イタリアのnegroni(ネグローニ)というブランドのオーダー

シューズです。



面白いのが、このシューズ、色の組み合わせを自由に

選ぶことができるんです。試行錯誤するためのキットが

よういしてあって、こんな感じで遊びながら靴をデザイン

することができます。









パーツパーツで色を変えたり、靴紐も色を変えてオーダー

することができます。



昔作ったのがこのデザイン。







カーキのスウェードとベージュの色合わせ。

もう8年も履いて相当疲れてきた感じなので、

このたび新しいものを作りたいと思って問い合わせたら、

以前作った場所ではもう扱っていないことが判明しました。



今、この靴がオーダーできるのは日本橋三越本店の

紳士靴売り場。やはり天下の三越本店!新しい靴を作る

嬉しさでいっぱい、ワクワクして出かけました。



靴売り場でしばしの時間真剣に悩みました。時間をとって

悩む私に「好きなだけ悩んでくださいね」と優しく言ってくださる

店員さん。お言葉に甘えて相当長い時間考えました。



考えた割に相当シンプルなオーダーをした私。

約2か月弱待って、出来上がってきたのがこちらです。

 





最近の私の服に合わせやすいように、と選びました。



この靴はおしゃれなうえに、すっごく履きやすい。

冷え取り靴下を3枚はいても大丈夫。



ジーンズでも、おしゃれ服でも自然になじみます。



価格は1万7千円ぐらいだったかな?(ちゃんと

覚えてなくて済みません…(^_^;))



お手軽な価格で、デザインする楽しみを味わえて、

しかもとっても履きやすい靴。



もう一足オーダーしたくて、今頭の中でいろいろと

組み合わせを妄想しています。



興味ある方は是非、日本橋三越、紳士靴売り場で

negroni(ネグローニ)のシューズが作りたいんですが・・・

と尋ねてみてください。(店頭にはおいてありません)



積み木を組み合わせるように楽しいデザインキットが

登場するはずです!



アクセスカウンター

  • ライブドアブログ