Healthy,Tasty&Wise 心地良い毎日をすごすために

気づきと平静さのある暮らし。 千葉県の長南町にある古民家に移り住みました。

パーソナルケアプログラム

”暮らしの中に、小さなこだわりを重ねることで得られる喜びがある”

「食」と「住」の”快適”を積極的に楽しみたい!という人が
集う場を作っています。

・東京・千葉古民家での料理教室(ベジタリアン)や、バッチフラワーレメディのセミナーや個人セッション、住空間コーディネートについてのインフォメーションはこちらのブログの他、下記↓ウェブサイトにてお知らせしております。

http://www.healthytastyandwise.com

「ここに来ると、本気で生きるためのヒントが手に入ります」

「若者」の私と、「今」の私

40代になって、若いころと違ってきたな、って思うことがあります。
変わらないところもたくさんあるけど。

今でも頭でっかちなところがいっぱいあるけど、以前はもっとそうだった。
自分が正しいと思うことにこだわって、そこにエネルギーをいっぱい注いでた。

それは”若者らしさ”だよね~って最近思う。

家族や近しい人に、脳疾患や心疾患、あるいはがんや糖尿病が
多かったから、「健康」というのは私にとって重要なキーワードだった。
だから食事も、生活習慣も、運動も、自分で自分を調える術、という
ものにすごく興味があった。

自分が自分の責任者である、という思いがすごく強かったから(今でも
それはすごく強い)、他人が、自らのことを他人任せにするのが許せな
かった。医者任せにしたり、薬やお酒で一時しのぎしたり、ごまかしたり。

そうやって自分に向き合わない暮らしを続けた結果、自分にも、
周りの人にもあまり幸せとは言えない結果をもたらすことは明らか
だし、それを見るのはもうイヤ、という思いがすごくある。

他人任せ、一時しのぎ、の医療があたりまえの今、薬は売れて、
業界は儲かる。(薬が必要な場合ももちろんあるから全てを
否定するわけじゃないです)

好き勝手に暴飲暴食をする毎日も、経済活性化に貢献してる、
と言えば聞こえはいいのかも。

放射性物質には気を付けるけど、毎日食べているものがいかに
ヘンテコなものか、にはあまり目もむけない。甘いものたべたり、
お酒飲んだりしてごまかし、ごまかし、生きていく。

私もごまかし、ごまかし、生きていくほうが楽かも・・・って思うこと
がある。実際、すべてに向き合うことなんて、到底できてない。

若者の私だったら、こういう世の中に怒り心頭で、なんとかそれを
表現したいと思っただろう。もちろん、そういう思いをきちんと主張
することはとても大事なことだと思う。

今の私はそんなに若者ではなくなってきたので(笑)、自分の中の
そういう”熱い”想いを自覚しつつ、そして同時に、今の自分で、
自分のレベルで出来ることはなんだろう、って思う。

世の中変えられるほど影響力はないけど、一人で出来ることは、
今、できる。

私にできることは、薬や、一時しのぎのごまかしを出来るだけ使わ
ずに、自分で責任を持って自分の手入れが出来るようになる方法
を紹介し、実践できるようになる手助けをすること、ではないかと思う。

何かを批判したり、評論したり、ネガティブな感情を抱くのではなく。


家族や周りの人たちが次々と病気になって死んでいった。
そのお蔭で、あんなに好き嫌いが多かった私が健康的な
食生活に目覚めることが出来た。

イギリスで過ごした2年間のお蔭で、ホリスティック栄養学や
バッチフラワーレメディ、イリドロジーを学ぶことが出来て、ホメ
オパシーやキネシオロジーなどの他の療法も体験することが出来た。

精神的にも、肉体的にも相当試練だった(笑)上海での生活
のお蔭で私たちはヴィパッサナー瞑想法に出会うことが出来た。

友人の支えのお蔭で、クッキングサークルを始めることが出来、
健康を支える料理についての学びが深まった。そして、多くの人
に出会うことができる機会を得ることが出来た。

私を、私という人間に育ててくれたすべての人と、すべての機会に
感謝しつつ、今できることをやっていきたいと思う。

春がきた!


昨日、今日ととても良いお天気!
春が来た!という気分。

我が家の庭の植物たちも勢い良く芽吹きました。
山椒、姫ウツギの新芽が柔らかく、芹は春の陽を浴びてぐんぐん大きくなっています。

さて、私も春のクレンジング開始、という気分になります。

春は肝臓の排毒の季節。
冬の間に溜まったものが一気を一気に身体の外に出そうとするのが身体の働き。
内蔵の働きがうまくいっていないと、この春の排泄のものすごい勢いによってバランスを崩してしまいます。

なので、この時期、身体の排毒をサポートしてあげるのがとても良いんですよね。

私の周りにいる方達は、こういうことにとても積極的。
だから春の不調も「身体ががんばってくれてる!」と受け止めて、それをサポートするすべを知っています。

普段から冷えとり重ね履きソックスを履いて、冷えを貯めないというのもその一つ。
冬の終わりぐらいから靴下に穴があく頻度が増します。これも排毒の現れ。

私はこの時期になるとこんにゃく湿布で、肝臓や腎臓のあたりを温めて、内蔵が
少しでも楽に働けるようにサポートしてます。

他にも、(もう少し暖かくなれば)、正しいジューサーで絞った、絞り立ての人参/りんごジュースを
朝飲んだり、食事の量を減らして身体への負担をかけないようにしたり、大根おろしを頻繁に食べたり•••と、
身体の状態に応じて様々なサポートをします。

こうした手当をするには、まず、自分の身体を普段から観察して、今自分の身体がどんな状態なのかを感じ取れることが大切。そして、状況に応じた手当を選択し、実行する。

こういうことは普段から常に意識をもっていないと、付け焼き刃でやろうとしても出来ません。

なので、毎日毎日自分の「今」の状態を知って、自分の責任でケアして行く、という意識で過ごしているか否かで大きく道がわかれます。

手前味噌ですが、私が提供してるパーソナルケアというプログラムでは、食事、生活習慣を見直しながら、季節ごとのサポートもお教えしつつ、自分で自分の心と身体の手入れが出来るすべをお伝えしています。

これは私自身が試行錯誤しながら身につけてきた知識や知恵を、一人ひとりにあったやり方で効率的に紹介したいという気持ちからやっています。いきなり自然なやり方で身体の手入れを使用としても、何から手を付けていいか分からない、という方に、完全なプライベートプログラムを考え、一緒に実行していきます。

本格的にこのプログラムを始めてから1年が経ちました。この間、このプログラムに参加してくださったかはほぼ100%成果をあげています。私自身こんなに素晴らしい成果がでるとは、びっくりするほどです。

本気で自分自身と向き合う意思がある方には、すごくおすすめです。
春から新たにスタートしたい!という方はぜひ声をかけてください。

一緒にがんばりましょう!

HP:パーソナルケアプログラム

パーソナルケアプログラム

今年の春から、クッキングサークルのメンバーの皆さん向けに
提供し始めた”パーソナルケアプログラム”。

食事の内容を記録していただき、生活習慣などのインタビューを
経て、一人一人の目標に応じたアドバイスをしていくプログラムと
なっています。

「病名が付くほどの状態ではないのだけれど、体調がすぐれない」
「毎日を前向きに送っているとは到底思えない」
とか、

「このままでは私はどんどん悪い方向に流されていってしまうの
ではないか?」
とか、

中には「私が作っている食事では夫婦共々健康を害してしまうのでは
ないか?」という危機感をもってパーソナルケアを始めた方も
いらっしゃいます。

一人ではどうしても食習慣や生活習慣を変えることが出来ない、
あるいは、どこからどう手を付けていいかわからない、という方、
たくさんいらっしゃると思います。

そんな時、どうぞ私に声をかけていただければと思います。

私は何の専門家でもありませんが、だからこそ偏りのない
視点で、その人に一番合った方法で、その方のペースで
お手伝いをすることが出来ると思っています。

そして、このプログラムでは、バッチフラワーレメディを
併用していくケースが数多くあります。それはなぜかと言えば
食事や生活を変えていくことは、その人自身の中に潜んでいる
精神的な壁に風穴を開けていかなくてはならないからです。

理屈では分かっている、頭では分かっていても、行動が
とれないのは、その人の抱える精神的な”癖”が大きく
関連しています。特に食と精神は深く深く関連しています。

ですから、そんなときには自分自身を見つめて、ケアをする
すべを併用すればいい。それがバッチフラワーレメディなんです。

もちろんレメディを必要としない人もいます。これも
一人一人に応じて使ったり使わなかったり。

完全オーダーメイドで、身体と心をケアすプログラムです。

詳しくはHPをご覧いただいて、興味がある方は是非ご連絡
ください。

<パーソナルケプログラムご案内>


****************

パーソナルケアプログラムを提供し始めてから半年が
過ぎました。

この間、私自身がびっくりするぐらいの成果を上げている
方がたくさんいらっしゃいます。

一例をあげると・・・・

・尿酸値、コレステロール値などが激減したので、病院に通う
頻度が減り、薬を飲まなくても良くなった
(40代男性)

・今までは帰宅すると疲れ果てて食事の支度もできなかったけれど、
身体が軽く、疲れなくなってきちんと食事が作れるようになった。
(30代女性)

・半年でマイナス10㎏を達成。高校生の頃の体型に戻った。
(40代男性)

・生理がとても楽になった!!貧血にならない!!
排卵出血もなくなったし、経血もサラサラになった。
身体も柔らかくなって、ヨガのポーズもできなかった前屈の
ポーズができるようになった!!
(40代女性)

などなど。


このような報告を聞くと、飛び上がりたくなるほど嬉しい(^-^)

そして、大事なことは、皆さんご自身が自分で努力されて食事の
改善をされ、生活を見直し、その変化を体と心で実感されていること。

また、最も大事なのは、もし生活や食事が乱れた時には、それを
立て直すことが出来る”知恵”を身につけていらっしゃるという
ことです。もし少し横道にそれても、戻ってくることが出来る
方法をきちんとご自身で身に着けていらっしゃる。これはとっても
大事なことです。

いつも規則正しい食事や生活ができればそれは素晴らしいことですが、
それが続かないことももちろんあります。旅行に行ったり、お付き合いが
あったり。そんな時にはそれを楽しみたいですしね♪

だから、自分自身で”日常の生活”に戻す方法を身につけて
行くことが大事なんです。横道にそれたことを後悔するんじゃなくて
、ただもとに戻せばいい。

パーソナルケアプログラムでは、その”方法”と”根気(根性?!)”
を身に着けていくお手伝いをします。

パーソナルケアプログラムは私が今一番楽しんでいる仕事です。
”こんなお手伝いが出来る私は本当に幸せだなあ”って感謝の思いを
抱きながら、お一人お一人のプランを練っています。

もし”自分をかえるきっかけが欲しい”と思っている方が
いたら是非一緒に手を取り合って歩き出しましょう!

Healthy,Tasty&Wise パーソナルケアプログラム 
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ